近くで水道工事が行われる際に気をつけなければならないこと

waterwork_construction
たまに近所の道路を掘り返して何かの工事をしているのを見かける機会もかなりあると思います。その工事の中に水道を取り扱う工事があり、その工事を行う際には気をつけなければならないことが沢山ありますので注意をしておいてください。それでは、具体的にどのような部分に気をつけなければならないのか、少しだけ触れてみましょう。

水道工事には幾つかの種類がありますが、どのような工事であっても基本的に断水という状態になります。断水というのはその言葉の通り、水が断たれるということですから、自宅の水道から水がでることはありません。多少、自宅の配管に残っている水が出てくるということはありますが、その水が出切ってしまうと全く水が使えないという状態になってしまいますので、水が出ると期待して水道を開かないようにしましょう。また、水が使えないということは生活用水として必要な水を供給すること自体ができませんので、料理に使う用の水、飲むための水などは事前に確保しておくことも大切になります。

そして更に注意すべきポイントとして挙げられるのは、水道工事が終わった後は、水道から出てくる水が汚れている場合があるということです。水道工事は道路の下を掘り下げて行うものですから、道路の下にある土が工事の最中に水道管内に紛れ込む場合がかなり多いです。そうなってくると、水道工事終了後に水道を使用する場合、その土などによって汚れてしまった水をある程度出し切ってから使用しなければなりません。なので、しばらく水道の水を出しっぱなしにして、その汚れがなくなっていくのを確認してから使うようにしましょう。

水道工事は大掛かりな工事ですので、少なからずその周辺に暮らしている民家の水道にも大きな影響を与えます。ですので、上記のようなポイントに気をつけるようにして、水道工事によって起こる水道のトラブルの影響を最小限に抑えるようにしてください。