トイレが詰まってしまい、水があふれて…

toilet_clogging
トイレの水漏れトラブルで最もやっかいなのは、トイレの排水管そのものが完全に詰まってしまい、水があふれ出す状況でしょう。あたりまえのことなのですが、使用中のトイレが突然詰まってしまうわけですから、溢れだす水も綺麗ではありません。いわば汚水によって床じゅうが汚されてしまうわけですから、ただの水漏れよりも余計にタチが悪いというわけなのです。これはまさに大惨事です。
トイレが詰まってしまったら、まずはそれ以上水を増やさないことを考えなければなりません。トイレが詰まると、大抵の場合人はついつい安易にレバーを引いて水を流し、なんとか詰まりを解消させようと試みます。実際、そうすることによって解消するケースもありますので、その方法が一概に間違っているともいえないのです。
しかしトイレは通常一度に6リットル程度の水を流すよう設計されています。ちょっと古い方なら標準的なものでその倍以上の水をながすものが主流といいますから、予想以上の水量で便器のなかがいっぱいになってしまったなんて話、けっこうあるものなのです。
単純なことかもしれませんが、トイレが詰まってしまったならば、水を流すのは慎重に行われるべきでしょう。
最も最悪の事態は、トイレの水漏れと詰まりが同時におこるパターンです。トイレはタンクに水が無くなると常に補充するような機能を持っていますから、故障の水漏れによって水が流れ続けるケースがあり、その水が詰まったトイレに流れ込むことで、あっという間に溢れだしてしまうというわけなのです。こうした場合、まずは給水を元から止めることが重要になります。具体的には止水弁を使う方法や、水道の元栓から完全に止めてしまうという措置でしょう。
だれだって、溢れたトイレの汚水にまみれて掃除や作業をしたくはありません。そうであるならば、まずはトイレの便座に水を溜めすぎないよう、初期の対応は特に慎重に行うべきだと言えるでしょう。